むくみに効果!着圧ソックス

むくみに効果!着圧ソックス

適度な圧力が、むくみの解消につながるといわれている着圧ソックスです。その日のうちに解消してしまいたいむくみに効果があるグッズですね。本来着圧ソックスは下肢静脈瘤やリンパ浮腫の予防など、医療目的として使われていました。最近は100円ショップでも販売されているほどですが、選び方なども気になりますね。

 

着圧ソックスの効果

身体の中で、血液の流れを促進するポンプの役割を果たしているのが足です。老廃物や二酸化炭素を含んだ静脈の血行が、スムーズに心臓に戻れる働きをしています。大変重要な役割ですが、立ったままや座ったままの状態が長く続くと、ポンプとしての機能が正常に働かなくなります。この機能を助けることができるのが着圧ソックスなのです。

 

どんなしくみでむくみが解消できる?

着圧ソックスは、足首にもっとも高い圧力をかけ、ふくらはぎ、太ももと順に圧力を下げるようになっています。そのため、足先から血液の流れを促進することができるのです。血液循環をよくするだけでなく、リンパの流れを促進する効果も期待できます。さらに老廃物が除去される効率も高められるため、着圧ソックスはむくみ対策に適しているのです。

 

圧力や形で選ぼう

着圧ソックスはメーカーによって圧力が違っています。あまり圧力が強すぎると、着用できないこともあります。購入前に、必ずパッケージに記載されている圧力を確かめましょう。圧力はmmHgやhPaの表記があります。いずれも数値が大きくなると圧力が高くなります。

 

着圧ソックスは種類も多く、足の甲からひざ下まで、太ももまで、睡眠時用、骨盤サポート付きなど目的に応じて形を選べます。さらに外でも着用できるストッキングやトレンカタイプなど種類も豊富です。ダイソーから販売されている着圧ソックスは、口コミでもコストパフォーマンスがよいと高い評価を受けていて、初めて購入する方にもおすすめです。

 

使用時に気を付けること

必ずサイズを合わせる 自分に合っていないサイズの着圧ソックスを履いてしまうと、圧力をかけるべき場所にぴったりときません。身長と足首やふくらはぎの大きさに合わせたサイズ表をサイトに載せているメーカーもあります。購入前に参考にするとよいですね。
ずっと着用するわけではない 着圧ソックスはあくまでも足のポンプ機能を補うものです。ずっと履いていると、もともとの働きを足がしなくなってしまいます。歩き回る予定がある日中は外でも履けるトレンカタイプ、月経前のむくみ対策など、目的によって使い分けましょう。
正しい履き方を心がける どのパッケージにも着圧ソックスの履き方は書かれています。足首まで引き上げてかかとの位置を合わせるなど、きちんと圧力がかけられるように履きましょう。また生地はあまり伸縮性がありません。位置を合わせながら少しずつ引き上げるようにして履きます。
肌にトラブルを引き起こしてしまうことが かぶれや発疹などが起こらないように、最初は短めの時間履くようにします。時々お肌の様子を確認しておきましょう。

 

妊婦のむくみ対策に着圧ソックスはOK?

むくみが多く出るといわれている妊婦の方も、着圧ソックスを試してみたいと考える方もいるでしょう。市販の商品の中には「妊娠中の方は使用できません。」と書かれているものもあります。マタニティ専用着圧ソックスも販売されているので、そちらを試してみるとよいでしょう。

 

ただ、サイズや圧力が本当に身体に影響ないのかなども気になりますね。着用前にかかりつけ医に相談すると安心です。またむくみがひどく出ている方は、医療用のソックスを処方されることもあります。むくみが気になる場合は自己判断せずに、まず医師に聞きましょう。

 

着圧ソックスであまり効果がわからないときに

あまり着圧ソックスの効果がわからないこともあるでしょう。締め付けが強すぎて苦手な方や、お肌に赤みやかぶれが起きて続けられない方もいるかもしれません。着圧ソックスであまり効果が感じられない、続けられなかった方は、気軽に飲めるむくみサプリで対策するのもおすすめです。

むくみサプリランキング