危険な副作用がある?キャンドルブッシュの本当の効果と副作用まとめ

危険な副作用がある?キャンドルブッシュの本当の効果と副作用まとめ

キャンドルブッシュと呼ばれる植物および成分を知っていますか?キャンドルブッシュは便秘およびむくみ解消向けのサプリメントで用いられることも多いようですが、評価は人によって良くも悪くもあります。

 

ただ、キャンドルブッシュについては評価よりも副作用リスクに目を向ける必要があるといわれています。

 

国民生活センターが注意勧告を出したほどの危険性が指摘されている成分なので、キャンドルブッシュがどのような効果を発揮するのかを踏まえて副作用についても知っておきましょう。今回はキャンドルブッシュのことを踏まえながら、安全なむくみサプリの選び方をお伝えしていきます。

 

キャンドルブッシュの効果とは?

便秘やむくみ向けのサプリでよく用いられるキャンドルブッシュですが、便秘に関する効果は古くから認められていました。便秘の他に皮膚病やスキンケアにも用いられていたようで、研究によって成分や効果を明らかにすることができるようになってからは、古くから用いられてきた内容と一致する成分および効果が見つかっています。

 

古くは薬としてあったキャンドルブッシュには、別名としてゴールデンキャンドルという名前があります。
現代のサプリメントなどにはキャンドルブッシュとゴールデンキャンドルの両方が使われていおり、製品によってどちらを使うかが異なりますが、同じものです。

 

では、別名も分かったところでキャンドルブッシュの効果を確認していきましょう。

 

  • 【便秘解消】

体内に入ることで腸管に刺激を与えるアントラキノンに変化する性質を持つポリフェノールのクリソフェノールが、キャンドルブッシュには含まれています。食物繊維も含まれていますが、その量はキャベツの12倍で、腸の蠕動運動を起こすために必要なビタミンB1も含むことから便秘に効果的な植物として知られています。

 

  • 【活性酸素除去】

キャンドルブッシュの中に含まれている成分の一つとして、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)があります。SODは近年注目されている酵素で、SODが働くためにはポリフェノールやビタミンが欠かせないのですが、キャンドルブッシュにはポリフェノールもビタミンもミネラルもバランス良く含まれていることから、活性酸素除去効果が現れやすいとされます。ポリフェノールの一種であるタンニンも含まれており、SODと同様に抗酸化作用があります。

 

  • 【血液をサラサラにする】

タマネギの皮に豊富であり、健康効果が高い成分として注目を集めているケルセチンはキャンドルブッシュにも存在しています。ケルセチンはポリフェノールの一種で、抗ストレス作用と血液サラサラ効果があることが分かっています。他に、むくみ・関節の痛み・肥満・アレルギーの改善と骨粗鬆症の予防にも有効です。

 

  • 【皮膚や髪、爪の正常化】

皮膚・髪・爪をつくるためには、亜鉛が欠かせません。キャンドルブッシュには亜鉛も含まれているため、摂取することで肌のターンオーバーを正したり、髪のパサつきを改善させたり、爪の強化をすることが期待できます。白髪は亜鉛不足が原因になっている可能性もあり、アザは適量の亜鉛を摂取することで早く治るそうです。

 

  • 【ミネラル不足の改善】

キャンドルブッシュには、ミネラル類も含まれています。余分な水分を排出するカリウム・骨組織の主原料でありストレス対策にも有効なカルシウム・骨組織の形成をサポートするマグネシウムを含み、食生活の中で不足しているミネラルの補いに有用とされています。

 

キャンドルブッシュの副作用とは?

  • 便秘を解消する効果
  • 活性酸素を除去する効果
  • 皮膚や髪などの組織を正常化する効果
  • 血液をサラサラにしてくれる効果
  • ミネラルの不足を補う

など、健康や美容にとって良い部分がたくさんあるキャンドルブッシュですが、長期的な摂取は勧められていません。

 

便秘に悩まされている方は、キャンドルブッシュを摂取するようになってから便が出るようになった場合に、摂取を止めたら便が出なくなるかもしれないという不安を抱えることがあります。

 

確かに、便秘はダルさや肌荒れなども引き起こすのでツラい状態ではありますが、キャンドルブッシュは長期に渡り摂取を続けると逆効果です。では、見落としてはならないキャンドルブッシュの副作用を確認していきましょう。

 

【下剤効果が強いため、摂取を続けると腸が弱る】

 

キャンドルブッシュには、センナにも含まれているセンノシドが含まれています。便秘薬には大きく分けて二つの種類があり、

  • 一つは刺激性が強く負担が大きいタイプ、
  • もう一つは低刺激で負担が少ないタイプ

です。

 

センナは刺激性が強く負担が大きいタイプに属し、長期的な摂取によって腸内の必要な菌までもが排出されてしまう上に腸に備わっている排便能力が衰えることが明らかになっています。また、下剤効果の強さから腸以外の臓器にも負担がかかることが指摘されています。

 

腸内の必要な菌(善玉菌)が減少すると、免疫力が低下して不調を感じやすくなります。このことから国民健康センターは平成26年1月に過剰摂取の注意勧告を発表し、抽出時間と摂取量に気をつけることを呼びかけています。

 

便秘になりたくないゆえの排便への思いから、下剤効果が強いものに依存する方も少なくありません。しかし、それでは健康的で根本的な改善にはつながらないので、生活習慣の改善をメインに便秘の改善を図りましょう。

 

【妊娠中の方は不調を引き起こしやすいため摂取してはいけない】

 

妊娠中は太りやすかったり便秘になりやすかったりするのでキャンドルブッシュの力に頼りたい気持ちも分かりますが、ただでさえ不調になりやすい状態であるのに排便のために更なる不調を自ら引き起こすのはあまり良いことではないと思いませんか?

 

妊娠中の場合は、下痢だけでなく吐き気やめまいも悪化しやすい上に、母体の健康を保つことや胎児の成長のために必要なホルモンのプロゲステロンが低下するため流産のリスクも高くなります。

 

キャンドルブッシュの製品にはノンカフェインと記載されていることもあり、妊娠中の方はノンカフェインなら安心なものという考えになるかもしれませんが、上記のようなリスクを引き起こすことから妊娠中の方には絶対におすすめできないものです。

 

また、小さな子どもさんにキャンドルブッシュを飲ませると排便する力が低下します。

 

内臓への負担もあるため、生活習慣の見直しで便秘を解消させることが無難です。

 

キャンドルブッシュの副作用は危険!

キャンドルブッシュの副作用に対する危険度は、かなり高いことが分かりましたか?現実的な話ですが、「自分は大丈夫」とか「そんなことより便を出したい」という方も珍しくないために副作用の危険性が重く捉えられていないこともあります。

 

男性も便秘にはなりますが、筋肉量の問題から女性の方が便秘になりやすいです。

 

便秘のつらさは多くの女性が知っていると思いますが、詰まった便の出し方は健康的な方法を選ぶことが大切ですよ。一時期は出たとしても、下剤作用が強いものは腸が蠕動運動をしなくても無理やり便を排出させるので、腸は蠕動運動をしなくなります。

 

しなくなると、自分の力で便が出せなくなります。自分の力で出せないなら、下剤成分を頼るしかないという悪循環に陥ります。

 

自分で出す力が弱くなるだけでなく、腸内では善玉菌が減り、腸管が傷付いています。

 

善玉菌が減ると腸内環境が悪くなるので、肌荒れ・アレルギー・体臭を引き起こしやすくなることは知っているかもしれませんが、腸管が傷付くことで生じることは知っていますか?

 

目に見える皮膚に傷ができたことをイメージしてみてください。その傷は、外部からの刺激に弱くなっています。そして、悪い菌の侵入口にもなりますよね。

 

腸の中には、毎日のように便という物が通ります。

便秘である場合は、滞在しているために腸管や傷に触れている時間も長いです。便はつくられてから排出されるまでの腸内滞在時間が長くなると腐敗し、毒素を排出します。

 

毒素は細胞を破壊するため、さまざまな疾患の原因になるといわれています。

毒素は血管をつたって全身に巡りますが、毒素の排出源である便の近くに傷付いた腸管があったら、そこが最も疾患になるリスクが高いかもしれないと考えられます。

 

効果の強い下剤を長期摂取した結果として腸閉塞のリスクが高くなることが研究により分かっていて、疾患にまで至らないとしても下痢・吐き気・嘔吐・低カリウム血症・一過性の意識消失・めまい・発疹など、人によって異なりますがこれらの症状が現れます。

 

キャンドルブッシュの製品には、天然ハーブで安心などの言葉が記載されていることがあります。しかし、キャンドルブッシュに含まれるセンノシドは下剤に用いられる成分であり、刺激性が強いためにサプリメントやダイエット茶で摂取するには向かない成分です。

 

特にダイエット茶は水分補給のついでに摂取できて飲むだけの手軽さであることから選ばれることが多いようですが、飲み過ぎる可能性が高いために国民センターは注意を呼びかけています。

 

妊娠中の方や小さな子どもさんなどは摂取してはいけないレベルですが、基本的には適量であれば問題はありません。過度な摂取に対して注意勧告が出されているため、自己管理が何より大事なのです。

 

キャンドルブッシュ配合のダイエットを続けると…

下剤に配合されるほどの刺激性があるセンノシドを含んでいるキャンドルブッシュには、確かに排便作用はあることでしょう。しかし、刺激性の強い下剤成分を長期間続けて摂取していると、排便力が低下していきます。人間の体には、もともと排便力が備わっていますよね。

 

では、なぜ便が出なくなってしまうのかと言いますと、多くの原因は生活習慣にあります。

 

特に、食事と運動は排便に大きな影響を与える習慣であり、ストレスがあったとしても生活習慣さえ正しておけば自然とストレスにも強くなります。

 

食事では、便秘解消と言ったら食物繊維です。ただ、食物繊維には不溶性と水溶性があります。どちらもバランス良く摂取することが大切で、どちらかと言えば水溶性が多い方がスムーズな排便になるとされます。

 

不溶性は便の量を増して蠕動運動を促す役割、水溶性は便に水分を含ませてスムーズな排出を促す役割があるため、どちらかに偏っても良くないです。

 

不溶性と水溶性の両方を含む食材はゴボウやサツマイモなどで、最近はもち麦も注目されていますね。

 

運動は適度に行うことがベストですが、適度というのは軽く息が上がる程度です。一番良いのはウォーキングですが、外を歩くのは嫌とか面倒とか、そんな時間ないという方もいることでしょう。

 

脳のためにもウォーキングは最適とされていますが、運動のことだけであれば自宅でテレビでも見ながら足踏みするだけでも効果があります。足踏みする時には音がするので、座布団や厚めのカーペットなどが下にあると音を軽減することができます。

 

運動自体が苦手な場合は、ストレッチでも良いです。ストレッチはコリ解消にもなるので、運動ができる方も行うことをおすすめします。

 

生活習慣を見直して改善していくことで、便を出す力が衰えて腸内環境が悪くなり、疾患リスクも高くなるリスクがあるようなキャンドルブッシュなどのアイテムを使用しなくても、自然と排便されるようになります。

 

キャンドルブッシュのようなアイテムを用いるようになったきっかけとしては、自分で出せないからですよね。下剤を飲まないと出ないけど下剤は腸に悪いという知識も知られつつあり、そんな中でキャンドルブッシュの製品に植物性で安心と書かれているサプリメントを見つけてしまったら、確かに魅力的だと思うでしょう。

 

その製品で定められている摂取量を守ることができるのであれば、短期間だけ使用することは悪くないでしょう。便秘で悩む方は下剤の効果に依存しやすいと言いましたが、短期間で使用を止めるために必要なことはなんでしょうか。

 

刺激性の強い下剤成分に頼らないためには、生活習慣の改善が大事です。サプリメントはあくまで補助の存在であるため、それで便を出そうという考えは賢明ではありません。生活習慣を改善しながら、サポーターとしてたまに使うくらいが丁度良いのです。

 

むくみサプリを選ぶ時の注意点

サプリメントは1日1粒から数粒飲むだけで良いため、その手軽さから取り入れている方も多いようです。むくみや便秘を解消する目的ではなく単なる栄養補助の目的で取り入れている方にもありがちな傾向ですが、サプリメントがあるから食事をおろそかにしても良いと考える方もいます。

 

下剤のような排便力を発揮するキャンドルブッシュのような成分を含むサプリメントは飲むだけで効果が現れてしまうため、これを飲めば便秘解消になると誤解されやすいとされます。一時期は解消されますが、それがないと排便できない腸内になってしまうことが本当の解消になったと言えるのでしょうか?

 

手軽さと下剤の力は便秘で悩む方にとってはとても魅力的かもしれませんが、健康と安全性を第一に考えましょう。

 

世の中には色々な成分や素材が存在しているため、キャンドルブッシュを含まなくても安全で効果のあるサプリメントはあります。キャンドルブッシュを含む製品のように、危険性があって効果を発揮する製品ではなく安全かつ解消につながる製品を選ぶようにしましょう。

 

今回はキャンドルブッシュについてですが、メリロートと呼ばれる成分も危険性が指摘されています。むくみ解消に良いとされているサプリメントはたくさんありますが、キャンドルブッシュなどの危険性がある成分の含まれていない、安全なむくみサプリを紹介します。

 

「するるのおめぐ実」

 

デトックス効果のために用いられている成分は、明日葉とトウモロコシのヒゲです。トウモロコシのヒゲは日本ではあまり親しみのないものかもしれませんが、デトックス効果の高さがメディアで公になった頃はトウモロコシのヒゲ茶が密かな人気を集めました。

 

危険性のない自然なデトックス成分を用いているので、健康にも無理なくむくみ解消をすることができるサプリメントです。

 

むくみ解消と共に考えることは、ダイエットですよね。するるのおめぐ実に配合されている脂肪燃焼成分は赤ブドウの葉で、ポリフェノールやビタミンEが含まれていることから心身的な回復力も期待できます。成分内容量は1粒あたり360ミリグラム、価格は3150円ですが初回は980円です。

 

昔に比べて自然の成分でつくられているものに目を向ける人が増えているため、各メーカーでも植物から抽出した成分を用いたりすることが積極的に行われていますが、同時に健康としてはどうなのか?という製品も多いです。

 

見極めることが大事ですが、キャンドルブッシュやメリロートなどが危険性のあるものだということ自体を知らない人もたくさんいることでしょう。

 

それが盲点で、危険性を考慮していない製品が売れる理由の一つにもなっていますが、むくみサプリに関しては、よく分からない成分が主に含まれているものは選ばない方が良いということですね。

 

キャンドルブッシュまとめ

キャンドルブッシュの下剤成分センノシドは下剤に用いられるだけあって、便を出す力がとても強いです。しかし、強い刺激性によって無理に出しているため、腸にとっては苦しいことでしかありません。

 

刺激性の強い下剤成分によって、腸管は傷付き、やがては蠕動運動もできなくなり、具体的に表現するとボロボロの状態になってしまいます。腸内の環境を良好に保つ善玉菌まで排出されてしまう上に腸管も傷付いて、便を排出口まで運ぶ力もなくなってしまうと、もうキャンドルブッシュなしでは便は出ません。

 

もっと飲み続けると、最終的にはキャンドルブッシュの過剰摂取にまで至らないと便が出ないようになってしまいます。

 

排便は健康のためにあるものです。そして、便は健康のバロメーターとされ、便を見れば健康状態もある程度は分かります。排便の目的は体内の毒素を排出することであり、毒素が溜まり続けたら人は病気になってしまうことでしょう。

 

キャンドルブッシュを摂取することで排便が促されますが、飲み続けたら排便する力が衰えて腸内環境も悪化を辿る一方であるため、以前よりももっと頑固な便秘と化します。

 

適切な量のキャンドルブッシュを摂取しても排便できなくなった時には、何をしても排便されずに便が滞在し続け、腐敗して毒素を出すようになります。

 

その状態が続けば続くほど、毒素の濃度が高くなり、細胞の破壊も進み、疾患リスクが高くなる上にさまざまな不調が起こりやすくなってしまうのです。

 

飲み続けたり、過剰摂取でなければ上記のようなことになる心配はそれほどありません。

しかし、便秘で悩んでいる方ほど止められない悪循環に陥る可能性が高いのです。「自分は大丈夫」そうは思っていませんか?本当に大丈夫な方もいますが、便を出したい出したいとなっている方は要注意です。楽に便を出せる方法を知ってしまうと、悪循環に陥りやすくなります。

 

キャンドルブッシュなどの刺激性の強い成分に頼るのではなく、生活習慣を見直して根本的な便秘解消を図ることをおすすめします。

 

生活習慣は食事と運動、睡眠が基本です。そこにレクリエーションや仕事などの要素が加わってきますが、食事・運動・睡眠を健康的に正すことで心身共に健康になります。便秘とむくみに関しては睡眠ももちろん大切ですが、食事と運動も大きく影響しています。

 

特に食事は影響力が大きく、最近は食の欧米化や肉食の方が多くなっていることから、女性で大腸がんになる方も目立つようになりました。

 

女性はもともと便秘になりやすいので、便秘を招く性質のものを多く食べると便秘になる可能性が上がり、腸疾患になるリスクも高くなります。全ての原因が食事であるということではありませんが、食事の影響は大きいので、これを見直すことでリスク軽減につながります。

 

食物繊維とミネラル、ビタミンなどを意識した、バランスの良い適量の食事がベストです。