メリロートには落とし穴がある!?メリロートの効果と副作用について

メリロートには落とし穴がある!?メリロートの効果と副作用について

日本ではセイヨウエビラハギと呼ばれているメリロートですが、最近はむくみやダイエットに効果がある成分として注目されています。

 

マメ科のハーブとしてヨーロッパやアジアで生育し、スイートクローバーという呼び名もあります。

 

下半身のめぐりが気になる方に人気の成分で、ダイエットサプリとしておなじみです。天然ハーブのため医薬品ほどの副作用はありませんが、、過剰に摂取すると副作用が発生しやすいので注意が必要です。

 

目安量を厳守することは基本ですが、頭痛・だるさなどを感じた場合はすぐ医師に相談するようにしてください。また、副作用が無いからと言って過剰に摂取するのは避けてください。安全にむくみを解消するためにも、良質なサプリを選ぶようにしましょう。

 

メリロートの効果

腸をスッキリとキレイに掃除してくれるメリロートは、血流・冷え性・むくみが気になる方から評判のハーブです。クマリンという栄養素を含有し、血流をスムーズにしてくれる役割があります。それにより全身に滞りなく血液を循環させて、むくみを軽減できるわけです。

 

クマリンは冷え性が気になる方や、冷え性によってむくみが生じている方に最適です。

 

また、身体が温まることで新陳代謝がよくなりますので、今までよりも痩せられる体質に変わっていくででしょう。他にも、暴飲暴食や運動不足などで血流がドロドロになってしまっている場合もメリロートが役立ちます。

 

血流をよくするメリロートですが、特に静脈に作用すると言われています。

 

むくみは血圧上昇を招いてしまうので、静脈の血行促進も必須になってきます。下半身がむくんだ状態を解消することは、老廃物の排出にもつながります。静脈の血流は心臓からのポンプ作用を期待しにくいため、メリロートで積極的に流れをよくしていくと良いでしょう。

 

また、肌トラブルの一種であるセルライトは女性の約20%に見られる症状となっています。

 

ひとたび発生すると落とすのが難しいため、発生させない予防ケアが大切になってきます。体脂肪の燃焼を妨げるデメリットもあるため、クマリンを摂取して脂肪の燃焼力を高めていきましょう。

 

メリロートを飲むことで血流が正常になれば、全身の細胞が温まるので冷え性が軽減するはずです。

 

冷えは肩こりを招くことも多いので、デスクワークに従事する方は特に注意してください。

 

大豆や高麗人参に含まれるサポニン、玉ねぎに含まれるケルセチンなどもクマリンと似たような働きがあるため、血流・リンパ流を正常にするためにも摂取したい成分です。冷えを解消することは免疫を向上させ、成人病を予防することにもつながり、健康寿命を延ばすためにも役立ちます。

 

メリロートの副作用

冷え性・むくみが気になる女性から人気のメリロートですが、デメリットがあることも知っておく必要があります。

 

肝機能障害とミネラルバランスの悪化については特に注意してください。

 

人間の身体の中で肝臓は化学工場と言われており、ここにトラブルが発生すると全身のトラブルに繋がると言われています。

 

ヨーロッパではクマリンの摂取量を女性の場合5mgとしており、摂りすぎると黄疸・だるさ・頭痛などを招くことがあります。

 

ダイエットのために活用している方は長期的に摂取することになるため、これらの作用に悩まされやすいと考えてよいでしょう。日本における基準は甘く、サプリメーカーによっては10mgのクマリンを含有するサプリを販売しています。

 

サプリには副作用がないと言われていますが、それは適量を摂取した場合の話です。目安量と安全量は必ずしも一致しないため、目安量だから安全とも言い切れません。厚生労働省のWEBサイトにも、過剰摂取によって肝機能障害のリスクがあるメリロートに関する記載があります。

 

サプリは健康維持やダイエットのために毎日飲んでいる方が多いでしょう。メリロートを利用する方は脚痩せを目的に摂取していることが多いですが、ミネラルバランスに影響することがあります。

 

抗凝固作用のあるクマリンは血液・リンパをスムーズにしてくれますが、血栓予防などの薬と併用してしまうと副作用が発生しやすくなります。

 

これからメリロートを摂取するという方は、医師に相談しておくのが無難でしょう。

身体がだるい・やる気が出ないなど、今までと異なる症状が発生したら飲むのを中止してください。肝機能障害が発生すると他の臓器にも影響しますし、人間の身体本来の解毒作用を発揮しにくくなります。

 

体内に毒素を多く抱えるようになると、さらに肥満・慢性疲労などを促進してしまう場合もあるので、慎重に利用するようにしましょう。

 

メリロートとは?

メリロートは脚痩せ・むくみによいとされる健康ハーブですが、サプリメントの成分としてかなり前から利用されています。血液・リンパのめぐりを正常にしてくれるのが特徴とお伝えしましたが、女性向けの天然ハーブとも言われています。

 

なぜ女性向けかというと、女性特有の悩みに働きかけてくれるからです。女性は筋肉が少ないため身体が冷えやすく、冷えによって血行不良を招いてしまいます。冷えると代謝や免疫が低下するなど、身体にとってよいことは一つもありません。

 

メリロートを飲んでめぐりをよくすれば、静脈の血流もスムーズになります。末端まで血液が届くと体温も上がりますし、それに比例して免疫も高まります。免疫を高く維持することは病気を遠ざけるだけでなく、ダイエットにも役立つでしょう。痩せなくて困っている方は代謝不良の傾向が見られるので、メリロートを飲んで代謝を良くしていきましょう。

 

血流が滞りなく流れるようになると、体内毒素をすっきりと追い出すことができます。

この作用のことをデトックスと呼んでおり、病気を予防するためにも効果的です。毒素は代謝が低いほど溜まりやすく、特にむくみ体質の方は注意してください。年間を通してむくみに悩んでいる方は、溜め込みやすい体質だと考えられます。溜めない体質になれば下半身をスリムにできるだけでなく、病気になりにくい身体も手に入ります。

 

メリロートには血流・リンパを正常にするクマリンのほかに、サポニンやケルセチンなども含まれています。

大豆や玉ねぎに含まれる栄養素もまとめて摂取できてしまうわけです。ただしメリロートは摂りすぎに注意する必要があるため、サポニンや は普段の食事からも摂っていく工夫が必要でしょう。健康のためには栄養バランスを整えることが基本であり、サプリは補助として使用してください。

 

栄養補助食品という認識をもって利用するのが基本です。

 

メリロートが抱える問題

メリロートに含まれるクマリンは摂りすぎに注意する必要があります。ヨーロッパ基準と比べて日本では基準がゆるく、中には10mg以上を含有するサプリも存在するため、慎重に使用しなくてはいけません。天然ハーブと聞くと安全に思えてしまいますが、そもそもハーブとは自然界にある植物なので天然であることは当たり前です。

 

問題となるのはハーブは薬用植物のことであり、一般的な野菜や果物よりも作用が強く、摂りすぎに注意する必要があることです。

 

例えばメリロートを過剰に摂り続けると、肝機能障害、黄疸、だるさ、頭痛などの症状が出ることがあります。今までと体調が違うと感じたら中止し、医師に相談してください。

 

医療機関で血流改善系の薬の処方を受けている方は、メリロートの摂取によって副作用が大きくなる可能性があるので相談は必須です。

 

ヨーロッパ基準と比べても、日本人はむしろ摂取量を減らしたほうがよいと言われています。その理由は体格の差であり、日本人のほうが小柄のため作用・副作用が強く出やすいからです。医薬品の用法・用量を見たとき、大人と子どもでは用量に違いがある場合がほとんです。大人より子どもの用量が少ないのは、体型が小さいので大人と同量だと副作用が出やすくなるからです。

 

サプリ全般は安全だと言われていますが、100%安全とは言い切れない部分もあります。

もちろん医薬品や医薬部外品よりはリスクが低いですが、適量を超えてしまうとデメリットが生じます。メリロートサプリの利用を考えている方はクマリンの含有量を調べておく必要があるでしょう。

 

それでも心配な方はメリロート以外で似たような作用のあるサプリを探してください。同じ結果を得られるのであれば、よりリスクの少ない成分を使用したほうが安心でしょう。ダイエットのために利用する方は特に長期服用になるため注意してください。

 

メリロートの長期摂取には注意が必要

利尿作用のあるメリロートはむくみが気になる方に最適であり、下半身太り、冷え性の解消に適しています。利尿作用と聞くとメリットをイメージする方が多いでしょうが、体内の水分が不足して脱水症状を招くこともあるので、摂りすぎには注意してください。

 

栄養素は適量を摂るのが好ましく、摂りすぎはデメリットのほうが大きくなる可能性があります。メリロートを長期摂取してしまうと、ミネラルバランスに悪影響が生じてしまうケースがあります。血中カリウムとナトリウムのバランスが悪化して、身体のトラブルを招くこともありえます。

 

健康のためには栄養バランスが大切であり、一つの栄養素だけを過剰に摂取すると栄養が偏ります。例えば腸内には悪玉菌が存在しますが、悪玉菌も欠かせない腸内細菌です。善玉菌とのバランスが大切であり、過剰に増えすぎなければ問題ないわけです。

 

ミネラルやビタミンに関しても同様であり、カリウムがナトリウムの代用をすることはできませんし、ビタミンC不足の解消のためにビタミンBを飲んでも意味がありません。

 

メリロートを飲むことで排尿回数が増えたという方は多いですが、頻尿が続くと息切れ・だるさを招いてしまうこともあります。排尿回数が少なすぎるのはよくありませんが、多すぎるのも問題があります。

 

確かに下半身に溜まっていたリンパの停滞は解消するかもしれませんが、過剰に摂ることで脱水症状を引き起こすこともありえます。

 

お酒を飲むと水が欲しくなるのは、アルコールにより脱水症状が引き起こされ、体内の水分が減少するからです。水分が不足すると血流はドロドロになってしまうので、お酒の飲みすぎには注意しなくてはいけません。メリロートも同様であり、過剰に摂らないように注意が必要でしょう。

 

特に長期摂取をする方は利用作用が出やすく、ミネラルバランスを崩してしまう可能性があります。

 

メリロートは簡単に飲んではいけない!

サプリは全般的に安全なものが多いですが、100%安全かと言えばそうは言い切れません。たとえ食品であっても毎日同じ献立だと栄養バランスを崩してしまうでしょう。サプリは栄養素を凝縮したものであり、普段の食事よりも慎重に摂らなくてはいけません。

 

栄養素のメリットを知ることは大切ですが、デメリットについても調べておく必要があります。

 

メリロートに含まれるクマリンは血流サラサラに役立つとされています。血流凝固を予防してくれるのでめぐりを解消するために効果的ですが、飲みすぎはよくありません。また飲み合わせの問題もあり、医薬品を服用している方は医師に相談しておくのが好ましいです。

 

ほとんどのサプリは医薬品と併用しても問題ありませんが、影響のあるサプリも存在します。抗凝固作用のある薬を服用中の方は、メリロートを摂取する前にかかりつけ医に相談しておくべきでしょう。

 

メリロートは少量の摂取に抑えておくなら問題はありませんが、そうすると主作用も弱くなってしまいます。むくみ・冷え性を解消するために利用する方が多いでしょうが、実感がゼロなら意味がありません。

 

効果を実感するためには摂取量を増やす必要がありますが、主作用が強くなれば比例的に副作用も強くなる可能性があります。

 

サプリは長期連用を目的に作られたものですから、少なくとも3〜6ヶ月は継続する必要があります。

それゆえ継続しても安全な成分を選ぶ必要があるわけです。副作用はすぐに出ないかもしれませんが、長期的に利用することで出やすくなるのは間違いありません。もちろん体質・体調も関係し、まったく出ない人もいれば、出やすい人もいるでしょう。

 

服用中に体調の変化を感じた場合は飲むのを中止するのがよいです。市販薬を利用する方も薬剤師・登録販売者に相談しておくのが好ましいでしょう。もし併用しないように指摘された場合は、薬よりもサプリを優先的にやめる必要があります。