クランベリーは大昔から医学的に効果がある食べ物として食べられていた!その効能とは?

クランベリーは大昔から医学的に効果がある食べ物として食べられていた!その効能とは?

クランベリーという名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。主にアメリカが原産の果物であり、その高い栄養価から日本でも健康食品として馴染みがあります。

 

原産地であるアメリカではクランベリーを薬の代わりとして使用していたとされており、その成分の優秀さには昔から注目が集まっていました。科学が発達しクランベリーに含まれるたくさんの有効成分が明らかになったことで、この果物への期待は高まりつづけていて、美容や健康のどちらにも役に立つと言われています。

 

体のむくみにはポリフェノールを摂取するのが◎

クランベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。このアントシアニンはブルーベリーにも含まれており、この成分を中心に置いてサプリメントが作られるほど優れた成分です。

アントシアニンは膀胱炎などの尿路感染症や歯周病の予防などに役立ちます。

 

中まで赤くなっているアントシアニンにはプロアントシアニジンという成分が含まれており、クランベリーはアントシアニンとプロアントシアニジンの両方を含む稀有な果物と言えます。

プロアントシアニジンには高い抗酸化作用や抗炎症作用があります。抗炎症作用とは体の酸化を防ぐ作用です。

 

人間が生きていく中で紫外線やストレスを受けると体内には活性酸素という物質が生成されます。この活性酸素は一定量であれば体にとって必要な物質ですが、過剰に生成されると細胞に傷をつけてしまう恐れがあります。これが体にシミやシワをもたらす原因にもなります。

 

そこでクランベリーを摂取してアントシアニンを体内に取り入れることが出来れば、有害な活性酸素を積極的に排出してくれて美容効果にも期待できます。

 

抗炎症作用とは文字通り、炎症から体を守ってくれる作用です。そもそも炎症とは体の中の免疫が過剰に働くことによって起こります。プロアントシアニジンを摂取して炎症を抑えることは、免疫が適切に働くことにも繋がっていきます。

 

プロアントシアニジンの効果はそれだけではありません。

血行を良くしたり、腎臓の働きを改善したりする働きも持っています。血液には体に酸素をもたらし、二酸化炭素などの不要物を回収する役割があるので、その働きが良くなればむくみなどが取れていくことも期待できます。

 

腎臓の働きを改善すれば利尿作用が促されるため、こちらもむくみの解消に繋がります。

 

このように様々な側面から美容効果をもたらしてくれるのがクランベリーに含まれている成分の大きな特徴と言えます。

 

さらにはクランベリーに含まれているキナ酸という成分にも注目が集まっています。

キナ酸とは肝臓の中で馬尿酸に変化して老廃物の排出を促してくれる成分です。身体中から老廃物が失われていけばやはりむくみの解消に繋がります。

 

他にもヒハツカリウムメリロートなどむくみ解消に役立つ成分がたくさん含まれており、様々な方向からむくみに対してアプローチをかけられるのがクランベリーの大きな長所です。

これほど優れた成分を持っていながら脂肪分が少ないのも嬉しいポイントで、脂肪分を恐れて摂取を控える必要が基本的にはありません。

 

他にも柑橘類でおなじみのビタミンCも含まれています。1つ1つの成分の働きが非常に大きいことはもちろん、それらが互いに連携しあってむくみ解消に繋がる働きを行ってくれるので、その効果はどんどんと高まっていきます。

 

むくみを取りたいならクランベリーを摂取するのが合理的と言えます。

 

むくみ解消をしてくれるサプリの成分

クランベリーに含まれるむくみ解消の成分を1つ1つ細かくチェックしていきます。

 

まずはブルーベリーなどでもお馴染みのアントシアニンです。

 

アントシアニンには抗酸化作用によるむくみ解消効果の他、眼精疲労視力改善作用などが含まれています。

 

この視力に関する効果がよく知られていますが、活性酸素を排出する力が強い成分なので美容効果にも期待ができます。プロアントシアニジンはまだそれほど知名度の高くない成分ですが、その働きには目を見張るものがあります。

プロアントシアニジンは単独でもビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍もの濃度を有しており、体内に含まれる不要な水分をたくさん排出してくれます。こちらにもアントシアニン同様に抗酸化作用がありますが、その作用でもアントシアニンを上回っています。

 

クランベリー以外ではぶどうの皮や種に含まれていますが、クランベリー場合は実なので摂取しやすいことも大きなメリットと言えます。美容効果も非常に高いことから一部では若返りのビタミンとも呼ばれています。

 

血液の中に悪玉コレステロールが蓄積されると、その後酸化されて血流を妨げるというケースがありますが、プロアントシアニジンを摂取しておけば悪玉コレステロールが酸化されることを防ぎ、むくみの予防になるだけでなく、動脈硬化高脂血症なども防ぐことが期待できます。

 

 

血液の抗菌、抗炎症、抗ウイルス、抗がんなどを一手に引き受けてくれるのがこのプロアントシアニジンです。

 

クランベリーに含まれる成分の中でもキナ酸は縁の下の力持ちのような存在です。キナ酸は尿を酸性に保ち、適切な排泄が行われるように働きかけます。

 

尿が順調に出ていなければそれはむくみに繋がるだけでなく、膀胱炎や尿路感染症などの原因ともなります。キナ酸はそれらの疾病に備えつつ、むくみ対策も行える優れた成分と言えます。

 

ヒハツには毛細血管を改善する効果があります。

 

毛細血管は太い血管と同じく酸素と二酸化炭素の運搬を行っています。その際には不要物も運ばれるので、毛細血管が活発であればあるほど不要物が適切に処理されるようになります。さらに毛細血管には栄養を行き渡らせる働きもあるので、肌トラブルの改善なども期待できます。

 

メリロートには血液の流れを良くする働きがあります。

 

このメリロートとヒハツの働きが見事にマッチしており、それもクランベリーを摂取する大きなメリットとなっています。メリロートによって血流を改善すれば冷え性なども改善が見込めます。加えて腸に食べかすが残らないようにする働きも持っているので、ダイエット効果も含まれています。

ただし、過剰摂取は肝機能障害の危険性をもたらしてしまうので注意しておくべき成分でもあります。

 

サプリメントならばメリロートのような成分を回避することができるので安心です。

 

クランベリーの効果的な摂取方法

クランベリーはアメリカではメジャーな果物であり、日本でも一般的に売られているので摂取へのハードルはそれほど高くありません。ただし、ジュースやジャムなどの加工品では熱を入れてしまっているので、栄養が多く失われています。

 

また、糖分が多く追加されていることも見過ごせないポイントです。

ジュースやジャムはクランベリーの味を楽しむ際には有用ですが、成分摂取を目的とするにはそれほど適していないと言えます。

 

クランベリーの栄養をフルに摂取したいならばドライフルーツを用いることになります。

ドライフルーツならば熱に晒していないため栄養を損ねている心配もなく、基本的に糖分が足されることもありません。しかし、クランベリーにはサルチル酸というアスピリンに似た成分が含まれており、この成分は高血圧の方や喘息持ちの方、妊娠中の方等に良くない副作用をもたらしてしまう恐れがあります。

つまり、多くの方がデメリットなくクランベリーの成分を摂取するには、ドライフルーツであっても完璧ではないということです。そこでお勧めなのがポリフェノールが含まれているサプリメントを摂取することです。

 

サプリメントの場合は人間にとって都合の良い成分だけを選択して、配合することができるため高いメリットが期待できます。また、様々な食物が持っているポリフェノールを必要な分だけ集めることもできます。

 

具体的には赤ぶどう葉やクランベリーに含まれるポリフェノール、トウモロコシのヒゲなどに含まれるカリウム、明日葉に含まれるベリーとは別のポリフェノールなどが配合されているサプリメントが効果的です。

 

クランベリー単体を摂るよりも総合的に配合されているサプリメントを飲んだ方が、効率的に栄養を取り入れることができます。また、サプリメントの場合は1日の摂取量が明確であり、1つあたりに含まれる栄養の量も数値化されているので過剰摂取のリスクも大幅に軽減できます。

むくみ解消効果を持つ成分の中でもメリロートやキャンドルブッシュはデメリットの部分が大きい成分なので、含まれていないものを選んだ方が良いと言えます。

 

このようにリスクもある成分を避けることができるのもサプリメントの大きな長所と言えます。ポリフェノールを多く含むサプリメントは様々なメーカーからたくさん販売されているので、購入する際には比較してみることが大切です。

 

サプリメントには成分表示表が付いているはずなので、そこを見ればどんな成分がどの程度含まれているのかが分かります。成分の種類が多くても1つあたりの量が少なければ大きな効果は期待できません。

 

  • 自分の求める成分が含まれているかという点、
  • 含まれている量は十分かという点、
  • 長く続けられる価格かという点

など複合的な要素を踏まえて選択することをお勧めします。サプリメントは継続的な摂取によって効果が現れることを覚えておきましょう。