授乳中のむくみはなぜ起こる?産後のむくみ解消法

授乳中のむくみはなぜ起こる?産後のむくみ解消法

産後のむくみ解消には、産前産後の身体中の水分量の劇的な変動と、それを調整しようとする人間にそなわっている恒常性維持機能が影響を与えています。

 

出産により羊水が排出されても母乳生成の為に、母体は水分をためこみやすい傾向があり、わずかのバランスの崩れがむくみ症状をきたします。ある意味では身体の生理的反応の側面もありますが、むくみ症状は高血圧心臓や腎臓の機能への悪影響も懸念されます。

 

  • 栄養バランスのとれた食生活、
  • 良質な睡眠に気を付けること、
  • むくみの原因となりやすい下半身の筋力維持

 

などで、産後のむくみ解消に努めることが大事です。

 

授乳期のむくみの原因

むくみは長時間の立ち仕事などに従事している方にとっては、夕方にふくらはぎや太ももがぱんぱんに腫れ上がる症状を自覚することがあるなど、比較的身近な症状です。とりわけ妊娠中産後の授乳期にはむくみ症状が発生しやすい身体的状況におかれており、産後のむくみ解消に頭を悩ませる方は少なくありません。

 

ここでむくみの症状のメカニズムについて確認しておきましょう。

むくみとは余計な血漿などが細胞に過剰に取り込まれた結果、足の甲やふくらはぎなどの末梢組織や顔面などに肥大が見られる症状を意味しています。

 

過剰に血漿などが細胞に取り込まれる原因としては、筋肉などに供給された余剰な水分を心臓に送り返す筋ポンプ機能が加齢により衰えたことなどが典型的です。

 

しかし授乳期のむくみについて特有的な原因としては、産前産後で水分量の急激な変動により、体内組織が順応できないことを指摘することができます。

 

妊娠中は羊水や胎児への血流確保や栄養供給のために水分量が増加しています。産後は羊水は排出されますが、一方で乳幼児への授乳の為に体内で母乳が生成されるためにやはり水分が必要な状況にあります。

 

身体には恒常性機能と呼ばれる体温や体液濃度を一定量に維持する機能が備わっているため、水分量の取り込みを調整しています。

そのため出産直後は羊水排出に伴う急激な水分量喪失調整の為に、細胞に水分が取り込まれる機能が働きむくみが生じやすくなり、出産後の授乳のためには水分が必須になるため同様に水分を取り込むことで体内の水分量を一定量に維持しようとするメカニズムが機能します。

 

このような産前産後の身体の変化に順応するために、むくみやすい状態がしばらく続くことにあります。

 

授乳期に意識的に摂取すると良い成分

このように授乳期には、乳幼児に母乳を生成し十分な量を与えるためには通常以上に水分が必要な状況が継続するため、むくみが必然的に出やすい状況があるのは身体の自然な現象として、ある意味仕方がない側面もあります。

 

とはいっても、顔や下肢などのむくみのつらい症状があるのも事実です。産後のむくみ解消のために、何か有効な対策がないものでしょうか。乳幼児への影響を考慮すれば、薬の使用はできれば回避したいところです。

 

一般的にむくみは高血圧や心臓や腎臓機能の障害の原因にもなりかねないため、薬を服用して緩和や解消を目指して利尿剤を服用する治療法が選択されます。利尿剤によって、体内にたまった余計な水分の排出を促すことで、水分量を調整し心臓や腎臓への悪影響を改善することを治療目的とされるのが一般的です。

 

そこで授乳期にむくみを解消する方法としては、利尿作用のある成分を食事を通じて摂取することで、自然に体内の水分バランスを調整する方法を選択するのが安全な対策といえます。

 

産後のむくみ解消のうえで必須なのは塩分の摂りすぎに注意することです。

 

過剰な塩分摂取をすると、塩分濃度を低くするために細胞に水分が摂りこまれやすくなります。減塩による調味の物足りなさはダシやうま味成分をうまくりようすることで乗り切りましょう。

 

また余計な水分を排出する利尿作用をもつミネラルと言えばカリウムが有名ですが、授乳期には水分量をため込みやすい状況になることから、通常時の1.2倍のカリウムを摂取することが望ましいと言われています。

カリウムはりんごなどの果物や野菜、海藻類などに多く含まれています。

 

授乳期には果物や野菜類も積極的に料理に摂りいれて、産後のむくみ解消対策にしてみてください。

 

自律神経の乱れもむくみの引き金に

産後のむくみ解消対策のためには、自律神経を調整することも重要です。

自律神経とは体温や発汗作用、体内の臓器や器官の動きを調整する役割を果たしている神経組織のことです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経から成り、脳の視床下部を発信源として、体内に張り巡らされた神経節に交感神経の働きを活性化したり、鎮静化させたりする役割を担っています。

 

例えば汗をかく発汗作用について言えば、汗を排出するように作用するのが交感神経、汗を抑えるように調整するのが副交感神経の働きです。出産前後では出産自体が大きな身体的ストレスになると同時に、出産後の乳幼児の世話に追われることなどで過剰なストレスにさらされる環境におかれています。

 

そのような事情を背景にして自律神経の働きが乱れて、体内の水分量の調整に支障をきたし、むくみが発生する条件の形成に影響を与えています。

 

特に自律神経は血圧調整に重要な役割をはたしているため自律神経のバランスが崩れると血行が悪化するため、過剰な水分が心臓に送り返されないまま残留し、末梢の細胞に余剰な水分がとどまることにあります。

 

この観点から産後のむくみ解消のために、生活のなかで自律神経の働きを調整する方法を考えるべきでしょう。

 

自律神経の働きの調整の上では、過剰なストレスに曝されると交感神経の機能ばかりが過剰に働きがちなので、副交感神経の機能を活性化することで、過剰な自律神経の働きを調整するのが賢明な方法です。

 

副交感神経を働かせるには、リラックスした状況に身体を置くことが大事です。

たとえばぬるめの38-40度くらいの湯船に浸って緊張をほぐす方法が考えられます。

 

産後のむくみ解消のためには良質な睡眠も大事です。

就寝前1時間くらいに風呂に入って、リラックスした状態で寝床に入る習慣をつけましょう。