お酒を飲んだ翌日のむくみの予防法と解消法!

お酒を飲んだ翌日のむくみの予防法と解消法!

飲み会でお酒を飲んだ次に日、目を覚まして鏡を見ると顔のむくみに驚いた経験はありませんか。太ったように見えてしまうので、あまり良い気分はしないですよね。せっかく飲み会が楽しかったとしても、翌日にむくみが起きていると残念な気持ちにもなってしまいます。

 

さて、お酒を飲んだ事でむくんでしまったわけですが、

どういった仕組みで起きているのでしょうか。

 

また、むくまないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。原因と対策を知って、むくみを気にせず楽しくお酒を飲めるようにしましょう。

 

お酒を飲んだ量以上の水分を排出している

お酒を飲んだ後に、顔や手足にむくみが生じる原因にはどういった理由が考えられるのでしょうか。

 

そもそもむくみは、体内にある過剰な水分が原因で引き起こされます。体内に水分が余っている状態になると、それらの水は血管から血しょう成分として外に出ていきます。この成分が酸素や栄養素と結びついて組織液となり、体の中をうまく巡らない状態になると、血流が悪くなりむくみが起きます。

 

また、この組織液を体内にうまく流すためには、日頃運動をするなどしてある程度筋肉がついている必要があります。ですから、お酒を飲んでむくみが起きやすい場合は、運動不足が原因の一つになっていることもあるようです。

 

さて、むくみの主な原因は過剰な水分であることを説明しましたが、それとお酒を飲む行為にはどのような関連性があるのでしょうか。

 

お酒には利尿作用があり、排泄行為によって体外へ水分が排出されていきます。しかし、体内のアルコールを分解するためには多くの水分が必要になるため、体は軽い脱水症状になります。

 

その結果、お酒や水を多量に飲むことになり、体内に過剰な水分が蓄積された状態になります。また、お酒自体に血管を膨張させて水分を血管外に出しやすい性質もあるため、よりむくみが発生しやすくなります。

 

お酒とは直接関係はありませんが、飲む時に一緒に食べるつまみ等に、塩分濃度の高いものがあるとよりむくみが起きやすくなるので注意が必要です。

 

お酒を飲みながらむくみを予防

 

むくみの原因は分かりましたが、予防する方法はあるのでしょうか。

 

むくみづらい体作りという点では、まずは運動をすることが大切です。

血行が悪い状態であるほどむくみやすい体と言えるので、運動を通して血液の流れが良好な体にすると良いでしょう。

 

次に、お酒を飲む前の対策として、事前にある程度の水を飲んでおくことをおすすめします。

グラス一杯を目安に水分を摂取しておくだけで、アルコールの分解を手助けしてくれるので、むくみを予防する効果が期待できます。

 

飲酒後に水分を摂取しても間に合わないので、事前に摂取しておくのがポイントです。

 

お酒を飲んでいる最中の予防方法ですが、飲み方を気をつけましょう。例えば飲み会で一気飲みをする場面を見かけることがありますが、一気飲みをすると体内のアルコール濃度が急激に高くなります。

 

アルコールを分解するために使用される水分が多量に消費されてしまうので、お酒を少量ずつ飲みながら水も摂取する飲み方が理想的です。また、適量を心掛け、多量に飲むのを控えることも大切です。飲み過ぎるほどむくみになる可能性は高まるので注意しましょう。

 

さらに脂っこいつまみ等が水分の過剰摂取の原因になることもあります。サラダや豆腐等を意識して食べるのも有効な方法です。

 

お酒を飲んだ後ですが、体を早く回復させるために水分補給後の入浴と、睡眠をできるだけとると良いでしょう。次の日にむくみが全くないというのは難しいかもしれませんが、ある程度の効果は期待できます。

 

「カリウム」「ポリフェノール」の摂取を積極的に

飲み方をどれだけ気をつけても、体の調子によっては少なからずむくみが発生します。むくみをなるべく早く改善するには、血行を促進したり利尿作用を高めたりするのが効果的です。

 

体内にある過剰な水分を排出するには、カリウムという成分を摂取すると良いでしょう。

 

代謝を改善する効果が見込めるので、カリウムの入った飲み物や食べ物を積極的に取り入れましょう。

 

具体的には緑茶紅茶青汁等がおすすめです。青汁は明日葉が主要な成分として含まれているものだと、より効果が見込めます。

 

飲み物からカリウムを摂取する時は、温めてから飲むことが大切です。冷たい飲み物だと体を冷やす原因となり、血行を悪くする可能性があります。また血液の流れを良くする成分としては、ポリフェノールの摂取をおすすめします。血行を良くするだけでなく、リンパの流れも改善してくれるため、むくみに対して効果的と言われています。

 

ポリフェノールを摂取するには、コーヒーが良いでしょう。

 

コーヒーの中には多くのポリフェノールが含まれているだけでなく、カフェインという利尿作用がある成分も入っています。水分の排出と血行促進が見込めるので、積極的に飲んでください。

 

ただし、カフェインは飲み過ぎると眠れない原因になることもあるので量には気をつけましょう。コーヒーが苦手な人は、豆乳を飲むとカリウムとポリフェノールを同時に摂取することができます。