朝になると指輪が抜けない!パンパンの指のむくみを取る方法

朝になると指輪が抜けない!パンパンの指のむくみを取る方法

むくみというと、顔や足のむくみを想像する人が多いかもしれませんが、足や顔以外にも手や指もむくみます。指のむくみは起床直後に起こることが多く、これは横になって睡眠している状態のため、重力の影響で顔や手、指がむくみやすくなると考えられています。

 

また、血液を送る心臓から遠い位置にあるため、指先の血流が悪くなることで、むくみが起こる場合もあります。そのほかにも、塩分や水分を摂りすぎるのもむくみの原因となってしまいますから、過剰摂取には気をつけましょう。

 

指に限らずむくみは運動不足やホルモンバランスの影響、栄養不足などさまざまな原因が考えられます。

 

なぜ指がむくむの?

起床時に手がむくむのは、体内の水分バランスがうまく取れていないことが考えられます。睡眠前に水分やアルコールを多量に摂取した場合、むくむことがあります。

 

また、逆に水分摂取が極端に少ない場合でも、体の細胞が中に水分をため込もうとしてしまうため、その結果むくみが生じる場合があります。

 

そのほかにも、運動不足や水分不足によって血流が悪くなると、心臓から遠い指先にむくみが発生してしまいます。このように指のむくみにはいくつかの原因が考えられます。

 

指のむくみを取る方法としては、就寝する30分前くらいからは、水分を摂るのを控えるようにすることで、朝のむくみを解消することができます。

 

また、運動不足によって血流やリンパの流れが悪くなり、むくみが発生しやすくなりますから、指のむくみを取る方法として、日常的に運動する習慣を付けるようにするとよいでしょう。

 

手軽に行える運動としては、ウォーキングがありますが、1日5000歩以上歩くようにし、リンパや血液の流れをよくする習慣をつけることが大切です。

 

そのほかにも、寝起きに指のむくみが発生してしまった時には、マッサージによって指のむくみを取る方法もあります。

 

ハンドクリームを指に塗ったあと、各指の付け根から先端に向けて、指を挟んだりさすり、ねじるようにして刺激を与えていきます。また、指の付け根から指先にむかって軽く引っ張ったり、爪の付け根を揉んであげることで、血行がよくなりむくみを解消することができます。

 

それでも改善しない場合には、ボウルなどに40度前後のお湯を入れ、手をつけることで血行不良が改善されて指をすっきりとさせることができます。

 

指は自分が思ってるよりも他人に見られる部位ですから、できるだけむくみを早く解消して華奢な指をキープしたいものです。そのためにも、むくみ対策を知っておくことが大切です。