食べ物や飲み物でむくみを防げる!

食べ物や飲み物でむくみを防げる!

食べ物や飲み物でもむくみを防げます。マッサージやツボ押し以外にも、身体の中からむくみケアをしましょう。むくみ対策に効果のある食べ物や飲み物として、カリウムを含んだものが挙げられます。

 

カリウムは大事!でもやみくもにとってはダメ

普段の食生活にカリウムは不足しがちな栄養素です。むくみを解消するためにも、食べ物でカリウムを摂取することは常に意識したいものですね。むくみサプリには、カリウムが使用されているものも多いので、食事に加えて取り入れましょう。

 

しかし、カリウムは重要な栄養素ではありますが、過剰摂取で身体に影響を及ぼすことがあります。通常は腎臓が余分なカリウムは排出してくれます。しかしそれを超えて摂取してしまうと吐き気、下痢、ゲップ、嘔吐などの症状を引き起こしてしまうかもしれません。腎機能が低下している場合には、高カリウム血症をもたらす可能性もあります。成人男性2500r、成人女性2000rの摂取量を守りましょう。食事にサプリを加える場合は、合計でどれくらいの量になるかを意識します。

 

カリウムを含む食べ物

昆布やひじきなどの海藻類、エリンギやシメジなどのキノコ類がカリウムを豊富に含んでいます。たとえばとろろ昆布なら5gで240rものカリウムがあるため、食事に積極的に取り入れたいですね。

 

ほかにも大豆などの豆類、カツオ、サツマイモ、果物なら断然バナナですが、なつみかんやメロンなども豊富です。パイナップルのジュースや缶詰などもカリウムが多く含まれています。むくみ対策の飲み物としてはミネラルウォーターがおすすめです。しかしジュースなどを飲みたくなる時もありますよね。飲み物を選ぶ時に少し意識するとよいでしょう。さらにココナッツ、抹茶、ココアなどもカリウムを豊富に含んでいます。

 

カリウム以外にも意識したいこと

むくみ対策=カリウムと考えられていますが、むくみの原因が体内の水分調整以外に潜んでいることがあります。そんな時は、カリウムを積極的に摂取してもそれほど効果を感じられないかもしれません。むくみの原因には腸内環境が関連しているケースもあるのです。腸内環境が整っていないと、体内の不必要なものや毒素などを排出できず、むくんでしまいます。

 

腸内環境を整えるには、食物繊維や乳酸菌が良いでしょう。腸内の善玉菌を増やすような食材がおすすめです。発酵食品としてヨーグルトや納豆、味噌などがおすすめです。またカリウムが豊富なバナナは、食物繊維も豊富なのでぜひ摂りましょう。

 

まとめ

食べ物で徹底的にむくみ対策をするのは簡単なことではありません。とはいっても、お味噌汁に豆腐とわかめを入れるだけでも、すべてカリウムが豊富な食材を使っていることになります。このように、毎日の食事にプラスしていくようにしていくと負担が少ないでしょう。

 

またどうしても外食が多い方は、やはりサプリを組み合わせるのが無理なくむくみに効果がある栄養素を取り入れやすくなります。サプリで起こりやすい失敗は、むくみを解消しようとして大量に飲んでしまうことです。適量を守ってサプリや食べ物は継続することが大切ですね。カリウムは過剰摂取の影響が出ることもあります。サプリの成分表を見て含有量を確認し、上手に食事メニューと組み合わせましょう。

 

まず現在の食生活を見直してみましょう。食べ物と飲み物を意識しながら、気軽に飲めるサプリも取り入れるのがむくみ対策にはベストです。

むくみサプリランキング