むくみサプリはドラッグストアでも買える?

むくみサプリはドラッグストアでも買える?

むくみサプリはドラッグストアでも買えるのでしょうか?つらいむくみをすぐに解消したいとき、ドラッグストアでサプリメントを買って飲んだことがある方もいるでしょう。dhcなど市販サプリを気軽に買えるのがドラッグストアですが、成分や飲み方など注意しておきたいこともあります。

 

ドラッグストアで買えるむくみサプリの主成分は?

ドラッグストアで買えるむくみサプリは、「メリロート」や「赤ぶどう葉」「γ‐トコフェロール」などを主な成分としています。赤ぶどう葉はワインよりもポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用が高いものです。メリロートはマメ科のハーブで、クマリン、サポニンなどの成分を含んでいます。クマリンは血行を良くする働きをし、むくみを改善してくれる効果があります。γ‐トコフェロールはビタミンEで、体内の水分バランスを保ってくれるものです。

 

いずれもむくみ解消に役立つ成分ですが、市販のサプリは効果がある成分が一種類だけになっているものがほとんどですね。また医薬品ではなく健康食品に分類されるものが多いため「むくみサプリ」とは書いてありません。むくみサプリを買いに行ったけれど見つからなかった…といったことになりかねないのです。

 

通販サプリならむくみに効果のある成分を数種類配合してあり、より高い効果を望めます。また最初から「むくみサプリ」で検索して商品名を選べます。医薬部外品がよいのか、健康食品でゆるやかにスタートするのか、自分で決められるのも通販サプリの良い点でしょう。

 

副作用に注意!

市販のサプリは飲みすぎても問題ないのでしょうか。実際メリロートは、過剰に摂取すると肝機能障害を引き起こす副作用があるといわれています。市販サプリは、健康食品に分類されるものが多く、過剰に副作用を心配する必要はありません。ただ、なかなか効果が感じられないときや、より早くむくみを解消したいからと、適量を守らずに飲みすぎてしまうことがあります。

 

むくみサプリより漢方のほうがよい?

むくみ専用のサプリより漢方を選んだほうがよいのでしょうか。体質に合わせた漢方を飲むことで、体内からむくみの問題を改善が期待できます。むくみに効果があるといわれる当帰芍薬散の錠剤も市販されています。しかしやはり漢方医や専門の薬剤師の調剤を受け、指導に従って継続して服用したほうがよいでしょう。もともとの体質によって、逆効果になってしまう可能性があるからです。サプリほども気軽さはなく、副作用も気になってなかなか試しにくいかもしれませんね。

 

市販サプリのデメリットは?

問診や相談が面倒と感じる方にとって、市販サプリはやはり購入しやすいですね。ただ求める効果と成分の適量を守りにくいことが最大のデメリットでしょう。気軽に買えるメリットが飲みすぎにつながり、健康被害まで進んでしまう可能性もあります。通販サプリなら、サイトからすぐに質問できるようになっていて安心感がありますよ。

 

継続して飲むことがサプリ摂取では重要なポイントです。しかし忙しい方なら買い忘れてしまいやすい点も気になりますね。通販サプリでは定期コースを設けているところも多く、忘れる前に必要量が自動的に届くようになっています。

 

むくみサプリは通販が主流に

通販サプリは高い、定期コース〇か月分などのルールがあって買いにくい、海外製品なら成分に不安があるなど、あまり気軽に購入できないと考えられていました。しかし、定期コースでも解約までの縛りがない、キャンペーンや送料無料で結局ドラッグストアのサプリよりも安い、国産の安心できる材料が明記されているなど、より買いやすい通販サプリが増加中です。ドラッグストアよりもむしろ気軽に買えるかもしれませんね。

 

ドラッグストアのサプリよりも、通販サプリは総合的な効果を狙えるように成分が配合されています。たとえばドラッグストアのサプリなら「むくみ対策にメリロート」と限定されています。通販サプリなら「カリウム(体内の水分量を調節)・ポリフェノール(抗酸化作用で老廃物を流しやすくできる)・乳酸菌(便秘にも効果あり)」といったようにいくつかの成分を組み合わせたものが多いのです。